• Pocket
  • LINEで送る

大場浩一郎が提案する 「私設美術館のような外観、将来を見据えた【平屋】設計にしたい」

  • リビング(夜) /Photo:Techni Staff

物件紹介

70代ご夫婦のためのバリアフリーの平屋住宅です。
将来の車椅子対応を考え、プライベート部分との明確な区分けを考えました。

緑を見ながら生活したいというご要望にこたえ、
できるだけ手入れのいらない庭を6つ設置しました。

その一つに大きな中庭を設け、
ここを建物で囲みながら豊かな生活ができるようにしました。

建物の規模が大きいため、住宅としてというよりも、
私設美術館みたいな感じが良いのではと思い、外観デザインを進めました。

施主からの要望・依頼

・最後の住まいにふさわしい広さ
・ラグジュアリー感
・将来予想される車椅子生活のための設計
・十分な収納
・使いやすさ(利便性)
・緑を見ながら生活をしたい

 

物件詳細

タイトル H Court House
所在地 山口県宇部市
用途地域 第一種低層住居地域
敷地面積 790.23㎡
延床面積 344.12㎡
構造・規模 RC造平屋
施工 日立建設株式会社
家族構成 夫婦
photo Techni Staff

建築家 大場浩一郎

~ プロフィール ~
<経歴>
1956年 長崎県佐世保市生まれ
1978年 九州芸術工科大学 芸術工学部 環境設計学科 卒業
1985年 アトリエスクエア1級建築士事務所 設立

<賞歴>
1995年 第18回 INAXデザインコンテスト 銅賞 『甍の家』
1996年 第08回 福岡県建築住宅文化賞 大賞 『甍の家』
1996年 第19回 INAXデザインコンテスト 銅賞 『安藤邸』
1997年 第09回 甍賞 佳作 『甍の家』
1998年 第21回 INAXデザインコンテスト 銀賞 『柿陽舎』
1999年 第11回 福岡県建築住宅文化賞 優秀賞 『柿陽舎』
2001年 第13回福岡県美しいまちづくり賞 優秀賞 『西大谷の家』

<趣味>
ヨット

<休日の過ごし方>
ヨットレース

<設計で大切にしていること>
土地の力に逆らわず、それを活かした家
住んでいてその佇まいに見とれる瞬間のある家
風が心地よく通りぬける家
日差しの移り変わりを楽しめる家
自分らしい家
小さくても広くても庭とつながりのある家
緑を楽しめる家
バスコートのある家
かっこの良い家
デザインが主張されない家
くつろげる家
散らかしても片付けやすい家
のびやかな家(狭くても広がりのある家)
訪ねてきた友人が思わず長居してしまう家

そんな家にしたいと思い、設計しております。

<家造りをお考えの方に向けたアドバイス>
楽しんで家づくりできるような設計者と出会うことではないでしょうか。
何でも話しやすい設計者と、納得のいく住宅を作りましょう。

<得意としている価格帯>
2,800万~20,000万



~ 事務所紹介 ~
事務所:アトリエスクエア一級建築士事務所
URLhttp://www.at-square.com/
所在地:福岡市中央区平尾3-22-3 平丘ビル3階
TEL:092-524-3181
FAX:092-524-3181
メール:square1@at-square.com
沿革 :1985年 アトリエスクエア 一級建築士事務所 設立
登録 :一級建築士 大臣登録 第184389号 / 一級建築士事務所 福岡県知事登録 第1-10577号
事業内容:建築物の設計及び工事監理、建築・インテリアに関わるコンサルティング


アトリエスクエアのWEBサイト(外部)はこちら


建築家 大場浩一郎 の一覧ページはこちら

  • Pocket
  • LINEで送る