• Pocket
  • LINEで送る

宮崎洋/宮崎友紀子 が提案する「赤毛のアンの物語のような、さんかく屋根の家」

  • 外観 /Photo:FAKE.大野博之

物件紹介

『赤毛のアンの家のような住まいがいいなあ』というご要望から住まいづくりはスタートしました。センスの良いご夫婦でしたが、お打合せを重ねるうちにお二人ともアンティークの小物や家具、古道具などがお好きなこと、クールでカッコいいものよりも、ちょっと可愛くてカッコいい感じのものがお好きだという事がわかってきました。そこでお二人の落ち着いた雰囲気を大事にしながら「カッコよくて可愛いさんかく屋根の家」を目指してデザインをすることに。可愛い家型のフォルムをベースに、大人っぽさを意識しながら素材感や色合いを決めていきました。

床座リビングをご希望だったので、デッキにつながるリビングの大開口はリビングより1段上がった高さに設置。踏み台として作った収納付きのステージはベンチのように座ることもでき、落ち着いた囲われ感を実現しています。「玄関からの主動線以外に、家に入ってすぐに洗面室で手が洗えるような裏動線が欲しい」とのご要望に、土間収納の勝手口から水回りへと続く裏動線を作り、水回りから寝室となる和室やファミリークローゼットへ直接つながる動線も確保しました。また、共働きでお忙しい奥様のために、キッチン横の日当たりのいい所に物干し室を設置。家事動線がスムーズになるよう配慮しています。

2階には屋根裏部屋のようなライブラリースペースを設けてプライベートなセカンドリビングとし、さんかく屋根の勾配をいかしたダイナミックな空間づくりを目指しました。外回りについては「車を横付けしてなるべく濡れずに玄関へ」というご要望から、玄関より下屋を伸ばすことでエントランスが落ち着いた下屋下空間となりました。プライベート感のあるお庭にするためにファサードから横に伸ばしたグレーの板壁が、可愛いさんかく屋根の家のシックなアクセントとなっています。

外構工事や植栽計画についても、こだわって計画。“洋風”に可愛くなりすぎないよう、ファサードに植えたトクサや門柱の石など“和”の雰囲気をうまく取り入れ、独特の空気感を演出しています。

施主からの要望・依頼

・赤毛のアンの家のようなさんかく屋根の家
・落ち着いた雰囲気
・手持ちの家具たちや小物が似合う住まい
・家事のしやすい動線
・動線を明確に分けたい(玄関からの主動線と家族の為の裏動線)
・床座リビング
・車を横付けして、なるべく雨に濡れずに玄関へ

物件詳細

タイトル さんかく屋根の家
所在地 佐賀県佐賀市
用途地域 第1種中高層住居専用域
敷地面積 306.57㎡
延床面積 135.38㎡
構造・規模 木造、地上2階
施工 福田建設
家族構成 ご夫婦+子供2人
photo FAKE.大野博之/ミヤザキヒロシ(キャッチ画像のみ)

建築家 宮崎洋/宮崎友紀子

~ プロフィール ~
<経歴>
宮崎洋
1972年 佐賀生まれ
1994年 日本大学工学部建築学科 卒業
1994年 大阪の店舗設計会社勤務
2001年 佐賀の設計事務所勤務 その他設計活動
2011年 エムデザインスタジオ 設立

宮崎友紀子
大阪生まれ
大阪市立大学生活科学部住居学科 卒業
大阪の店舗設計会社勤務
2001年 佐賀へ
2012年 エムデザインスタジオ 入所

<受賞歴>
2013年 第4回佐賀の家賞 知事賞受賞 『お菓子の家』
2017年 第6回佐賀の木・家賞 受賞 『藍いろの家』
2017年 第6回佐賀のリニューアル賞 受賞 『ゲストハウスHAGAKURE』

<設計で大切にしていること>
私たちは、当たり前の日常の中の心地良さをもう一度見つめ直し、
背伸びしない普段着の暮らしを探していきたいと思っています。
住まわれる方のご要望をよく理解し、さらにその先を追い求め、
より快適で居心地の良い住まいづくりをしていきたいと考えています。




~ 事務所紹介 ~
事務所:エムデザインスタジオ
URLhttp://m-design-studio.net
所在地:佐賀県佐賀市水ケ江4丁目4-13
TEL:0952-65-3814
FAX:0952-65-3814
メール:hiro@m-design-studio.net
沿革 :2011年 エムデザインスタジオ 設立
登録 :宮崎洋:2級建築士 大臣登録 第5106号 / 宮崎友紀子:1級建築士 大臣登録 第231484号
登録 :二級建築士事務所 佐賀県知事登録 第い-1696号
事業内容:建築設計及び監理業務、住宅設計/デザイン、店舗設計/デザイン、住宅・店舗等リフォーム設計/デザイン、家具・インテリアデザイン等

 

エムデザインスタジオのWEBサイト(外部)はこちら


建築家 宮崎洋 の一覧ページはこちら

  • Pocket
  • LINEで送る