• Pocket
  • LINEで送る

宮崎洋/宮崎友紀子 が提案する 「長い土間空間と、藍色の外壁が特徴的な家。田舎暮らしを満喫したい。」

  • 外観(秋) /Photo:Miyazaki

物件紹介

佐賀平野の田園風景に馴染む「藍いろの家」。藍色の外壁が特徴的な家型のおうちです。ヴィンテージ感のあるおしゃれなインテリアと3人のワンパクな子供たちが大好きな奥様と、魚釣りと家族が大好きなご主人の想いがいっぱい詰まった「藍いろの家」。

我が事務所のロゴマークである家型のような「おうち」をモチーフに建築を考え、外壁は耐久性を考慮してガルバリュウム鋼板を採用しました。外壁の色を決める際に周りの風景に馴染みながらも静かな存在感があるような色として藍色を選びました。まるでジーンズのような色は、使えば使うほど味わいが増すような思いが込められています。

この「藍いろの家」のもう一つの大きな特徴は、家型のフォルムの中に配置した長い土間空間。魚釣りから戻ったご主人が釣ってきた魚をさばいたり、奥様方が日陰でおしゃべりしたり、洗濯物を干したり、子供たちが走り回ったりして、外のような内のような色んな使い方のできる楽しい空間となりました。

内部空間では住まいの中心にキッチンを配置し、リビングへつながったり、畳室につながったりと緩やかに部屋が繋がる工夫をしています。リビングには吹き抜けがあり2階の子供部屋とつながる楽しい空間構成となっています。2階の子供部屋の水色の壁は、子供たちやお友達みんなでペイントワークショップをして思い出の壁となりました。

ご主人はご自分の趣味室へと続く長い土間で、せっせと魚釣りの準備に勤しみ、子供たちは家の周りからダイニングやリビングへと続く中庭のデッキをグルグル走り回って遊び、奥様は遊ぶ子供たちを見守りながら、お気に入りのキッチンで鼻歌交じりにお料理を作っています。思い描いた素敵な暮らしが実現しました。いつも穿いているお気に入りのジーンズのように少々傷がついたり汚れても味わいに変わり、心地良く身体に馴染んでいく、そんな住まいです。

施主からの要望・依頼

・家型の楽しいおうち
・キッチンから遊んでいる子供たちの様子を見たい
・キッチンカウンターに対面式で子供たちのスタディスペースが欲しい
・人がたくさん集まれる大きめのリビング
・ご主人の趣味室が欲しい
・2階に秘密基地のような子供部屋
・奥様がこもれるような屋根裏部屋
・ワンパクな子供たちのために、壁紙や床材は傷や汚れに強いものにしてほしい
・囲われたお庭ではなく、子供たちが自由に遊びまわれるお庭がほしい
・外観的にも美しい窓

物件詳細

タイトル 藍いろの家
所在地 佐賀県小城市
用途地域 用途指定なし
敷地面積 300.98㎡
延床面積 147.39㎡
構造・規模 木造、地上2階
施工 遠江工務店
家族構成 ご夫婦+子供3人
photo ミヤザキヒロシ

建築家 宮崎洋/宮崎友紀子

~ プロフィール ~
<経歴>
宮崎洋
1972年 佐賀生まれ
1994年 日本大学工学部建築学科 卒業
1994年 大阪の店舗設計会社勤務
2001年 佐賀の設計事務所勤務 その他設計活動
2011年 エムデザインスタジオ 設立

宮崎友紀子
大阪生まれ
大阪市立大学生活科学部住居学科 卒業
大阪の店舗設計会社勤務
2001年 佐賀へ
2012年 エムデザインスタジオ 入所

<受賞歴>
2013年 第4回佐賀の家賞 知事賞受賞 『お菓子の家』
2017年 第6回佐賀の木・家賞 受賞 『藍いろの家』
2017年 第6回佐賀のリニューアル賞 受賞 『ゲストハウスHAGAKURE』

<設計で大切にしていること>
私たちは、当たり前の日常の中の心地良さをもう一度見つめ直し、
背伸びしない普段着の暮らしを探していきたいと思っています。
住まわれる方のご要望をよく理解し、さらにその先を追い求め、
より快適で居心地の良い住まいづくりをしていきたいと考えています。




~ 事務所紹介 ~
事務所:エムデザインスタジオ
URLhttp://m-design-studio.net
所在地:佐賀県佐賀市水ケ江4丁目4-13
TEL:0952-65-3814
FAX:0952-65-3814
メール:hiro@m-design-studio.net
沿革 :2011年 エムデザインスタジオ 設立
登録 :宮崎洋:2級建築士 大臣登録 第5106号 / 宮崎友紀子:1級建築士 大臣登録 第231484号
登録 :二級建築士事務所 佐賀県知事登録 第い-1696号
事業内容:建築設計及び監理業務、住宅設計/デザイン、店舗設計/デザイン、住宅・店舗等リフォーム設計/デザイン、家具・インテリアデザイン等

 

エムデザインスタジオのWEBサイト(外部)はこちら


建築家 宮崎洋 の一覧ページはこちら

  • Pocket
  • LINEで送る